増毛法は症状によって異なります

増毛法【人気の増毛法を知ろう】

薄毛の方が髪を簡単に増やせる「増毛法」を解説します。

増毛法は症状によって異なります

増毛法は症状によって異なります。まずは男性型脱毛症ですが、男性型脱毛症の原因として男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることがあげられます。

ジヒドロテストステロンは毛包の発毛作用を抑えてしまうと言われており、このジヒドロテストステロンを抑制する医薬品が男性型脱毛症に効果があるのです。

ジヒドロテストステロンを抑制する医薬品としてフィナステリドが有名です。

この医薬品は既に多くの販売実績があり、男性型脱毛症の治療効果も実証済みです。

また、男性型脱毛症以外の脱毛症に対しては、頭皮に塗る医薬品が効果的です。

塗るタイプの育毛剤の主成分としてミノキシジルが有名ですが、ミノキシジルは元来高血圧症の治療薬でした。

しかし、発毛効果が認められたことから育毛剤として販売されるようになったのです。

ミノキシジルの効果は血行を促進することで発揮されると言われていますから、副作用も少なく比較的使いやすい医薬品と言えます。